パブリックカッピングはじめます

こんにちは!CW蔵前 ロースター見習いの堺原と申します。
簡単に自己紹介させていただきます。

愛媛県出身。進学先の九州、宮崎でスペシャルティコーヒーに出会い、感銘を受けてコーヒーマンを目指し、2017年1月に上京してきました。
その年の3月からCWに加わり、バリスタとしてCoffee Wrights 三軒茶屋に立っていましたが、今年からはCoffee Wrights 蔵前でロースター見習いをしています。
蔵前にいる大きな男が僕です。みなさんどうぞよろしくお願いします!
それではパブリックカッピングについてお話していきます。

そもそもカッピングって何?

カッピングとはコーヒーのフレーバー、アロマ、酸味、甘み、ボディーやクリーンさを総合的に評価する際のテイスティング方法で、
カップに入ったコーヒーの粉に直接お湯を注ぎ、スプーンですくい強くすすります。
液体を霧状に口の中に広げて鼻に届かせることで、舌だけでフレーバーを感じ取るだけでなく、鼻から感じとるアロマでコーヒーの味がよりしっかりとわかるのです。
例えば、生豆の買い付けの際や、焙煎した豆の品質チェックなども、このカッピングで行います。

話だけ聞くとなんだか難しそう?と思うかもしれませんが、パブリックカッピングではより気軽に、コーヒーを飲み比べて違いを知って楽しめる会にしているのでカッピングがはじめての方でもご参加いただけます。

CWのコーヒーはもちろん、その時々で他店のコーヒーもゲストとして並ぶこともあります。

一度にいろいろなコーヒーを飲み比べてみると、きっとその多様性に驚くはず。
味の違いがわかるようになったり、自分好みの味が見つかると、より一層コーヒーの世界が広がりますよ!

パブリックカッピングは蔵前にて開催しています。今はまだ不定期ですが、詳細はSNSでお知らせしていますので気になる方は是非フォローをお願いします!

みなさんにお会いできるのを楽しみにしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です