11月17日、千葉県大多喜町にあるMITOSAYA薬草園蒸留所へコーヒーを淹れに出張ライツ!

こんにちは!Coffee Wrights 芝浦の齋藤です。

今回MITOSAYAへ出張した宗島と齋藤は、偶然にも大多喜の隣町出身ということでこの日を心から待ちわびていましたー!!

MITOSAYAは、ボタニカルブランデーを製造する蒸留所。
通常一般公開はされていないのですが月に一回オープンデイを設けています。出店するお店は毎回変わると思いますが、今回はこんな素敵なみなさんと一緒でしたよ!

コーヒーライツのブースは、入口のすぐそば。
あのインスタグラムでよく見るあのMITOSAYAの建物の前!
ブースの前にテーブルとイスを用意してくださって青空カフェとなりました!

10時を過ぎると続々とやってくるお客さん。遠方からもご近所さんもたくさん来園されました。

私たちがいたノンアルコールドリンクのブースには、MITOSAYAの祐布子さんや近所で野菜を育てている上野さんも一緒で女子でワイワイ楽しかったです!

金木犀ゼリーのノンアルコールドリンクや手作りの干柿、採れたての野菜を販売していました。(祐布子さんお手製の干柿は大人気であっという間に完売…食べそびれた…泣)

私たちはシングルオリジン4種類をハンドドリップでご提供しました!
コーヒー片手に見学される方や帰り際に飲んでくださった方、ご家族やご友人で来ている方が多く、飲み比べて味の違いを楽しんでいました。

少し肌寒かったので、コーヒーでみなさんの手やからだを温めることができてよかったです。

当日、お会いできたみなさんに感謝!ありがとうございました!
ちなみに齋藤は帰宅しても興奮が冷めず…目が冴えてしまい眠れませんでした。
寝不足。笑
また、行けるといいな~!
みなさんも次のオープンデーに行ってみてくださいね!

Coffee Wrights三軒茶屋はこのたび3周年を迎えます!

こんにちは。

Coffee Wrights 三軒茶屋のアラタです。

僕はチームに入って1年半くらいで、現在はバリスタとして三軒茶屋のお店に立っています。

Coffee Wrightsの最初のお店である三軒茶屋店が、12月23日に3周年を迎えます。

お客さまへの感謝と喜びを共有したいという思いでささやかではありますが、全品10%OFFセールを下記の2日間で開催いたします。

12月22日(日)・23日(月)

是非お気軽に遊びにきてくださいね!

 

  • 三軒茶屋という街で3年経って

三軒茶屋という街は本当に面白い街で、渋谷に近いけど大きなショッピングモールやデパートはないし、道幅はとても狭く入り組んでいて渾然とした印象を覚えました。でも、毎日お店に立っていて感じた事は、常連さんをはじめ、みなさんが本当にこの街が好きなんだということです。

僕自身も仕事を通して生活をしていると、その魅力にすぐに気づかされました。

小さなお店ひとつひとつがとても活気があって、たくさんの人が行き交い、そのお店に行けば誰でも仲良くなれるし繋がりが増えていく。

そんな “人” が中心になる印象を受けました。 

 

Coffee Wrightsのお客さんもお仕事のお話、最近あった出来事などを話してくださいます。よくオススメの三軒茶屋のお店を紹介しあって、実際に行って、そのお店の方とも繋がって…毎日コーヒーを淹れながらするみなさんとの会話がとても楽しい時間です。

そんな愛すべき三軒茶屋という街でCoffee Wrightsが満3年を迎えられたということはとても幸せなことであり、誇らしいこと。

これからもみなさんに寄り添える場所でいられるように、私たちはおいしいコーヒーを淹れつづけていきます!

これからもCoffee Wrightsをよろしくおねがいします!

東東京市に出店しました

11月7日から11月10日まで浅草橋のCPK GALLERYで開催された東東京市に出店しました。

東東京市のコンセプトは東東京のつながりを意識した作り手による展示販売会。
新しいモノ、コト、ヒトとの繋がり。昔からイーストサイドはものつくりの街として栄えてきました。そんな繋がりを意識した作り手による展示販売会。
商談も含めたバイヤーズデーと一般の人も購入できる週末のイベントでした。

デザインイベントが定着しつつある昨今、イーストサイドでは、モノツクリなイベントが増えてきました。そんな中、デザインの本質とかそういうのは抜きにして、新たに「何か」を生み出す人に対して、何か買う人、何か欲しい人、何か見たい人、そして、作り手に代わって何か売りたい人などなど、人と人とがマジ交わるコミュニケーションの場として「東東京市」をスタートしたそうです。

そんな記念すべき第1回にお声がけいただき楽しくコーヒーを淹れてきました。

じゃーん!CWはコパックさんの素敵な屋台をお借りし外でコーヒーを淹れました!最高!
出展者さんやお客さんから似合ってる!自分のところの?なんて言われてうれしかったです。この屋台すごい使い勝手が良かったです。詳しくはコパックさんへどうぞ!笑

会場のCPK GALLERYはハンガーを中心とした店舗備品を企画、製造、販売されている日本コパックさんの本社ビルにあります。GALLERYの奥には店舗備品などのショールーム、SHOP COPACKさんもあります。

おしゃれー!お店に欲しい!とCWスタッフ一同盛り上がっております。笑

千代田区外神田にあるバーガーとミルクシェイクのお店CRANEさんと、台東区小島にあるOSANPO GOODS STOREのTORTOISEさん。スケボーと無添加のビーフジャーキーその名も「オジャーキー」の販売をされているそうです。このこだわりのオジャーキーが本当においしい。すぐ肉の味が口の中に広がります。

バーガーは冷めても最高。お店で食べたら…もう間違いないウマさでしょう。

上野のiacoupéさん。大人気ですぐに売り切れてしまい。私はコンビーフポテトサラダとハムカツ、あんバターを食べました。うまい!!
コーヒーとコッペパンサンドを持って外のCWのブース横の椅子に座って朝ごはんが出展者さんの会期中のルーティーンになっていました。みなさんと毎日おしゃべりして距離が縮まって「今日は昨日と違うコーヒーにするわ!」なんて会話がとても良い時間でした。

清澄白河で定期的に開催されているヒュッグリ市でもご一緒させていただいている大川硝子工業所の大川さん。蔵前にもコーヒーを飲みにきてくださいます。便利でかわいい瓶がたくさんでわくわく!コーヒー豆用の瓶の相談をしているCW森田。真剣です!

他にもたくさんのすてきな出展者さんがいらしたのに、おかげさまで忙しく写真を撮る暇もなくコーヒーを淹れていたのでお許しください。涙

コーヒーはシングルオリジン4種類をお出ししていました。
みなさん味の違いにびっくりされていて、コーヒーの個性や楽しさが伝わったかな…少しでもコーヒーに興味を持ってもらえたらうれしいです。

この顔を見たらどれだけ楽しい展示販売会だったか…伝わりますよね!東東京の町も、人もやっぱり良いです。蔵前にロースタリーを持てて幸せです。
次の東東京市でまたみなさんにお会いできるのを楽しみにしています!!

ありがとうございましたー!!