いっぴんいちに参加しました!


こんにちは!Coffee Wrightsの斎藤です。

6/2に田町第一ビルにて開催されたいっぴんいち。CW芝浦としては、はじめてのイベント出店でした。

みんなの逸品を、一品だけ売る、特別なマルシェ。
私たちはコーヒー豆を販売しました。

実際にCWのコーヒーを試飲したお客さまからは、「本当にこんなにそれぞれ味が違うんですね!」「飲みくらべる機会はそうそうないから面白い!」という嬉しいお言葉が。

特にルワンダ産のニャルシザ・ロット15と、グアテマラ産のフィンカ・エル・グアチピリンが人気でした。

イベントでは、子供たちが手作りした商品を自ら売るブースもあり、みんな生き生きと楽しそう!

今回会場となった第一田町ビルは5月末で閉館。取り壊されるということで、入り口のガラスやコンクリートには所狭しとメッセージや絵が描かれていました。カラフルでまるでみんなで作りあげたかのようなアート…!

イベント出店を通して様々な人と交流することができ、CW芝浦のことをたくさんの方に知っていただけた貴重な機会となりました。

お越しいただいたみなさま、運営のみなさまありがとうございました!

*Coffee Wrightsのコーヒーは、各店のほかオンラインショップでもお買い上げ頂けます。

Hyggelig Market – ヒュッグリ市 に参加しました!

こんにちは!Coffee Wrightsの伊藤です。

さる5/19(日)に清澄白河にある、The Fleming Houseで開催されたヒュッグリ市に参加してきました。

今回は、渋谷にある自家製サンドイッチとコーヒーの店 ampere(アンペア)と仲良く並んで一緒に出展しました。

ampere(アンペア)は、実はCoffee Wrightsの兄弟店で、もちろん私たちがローストしたコーヒーが楽しめます!

今回で6回目となるこのイベントは、その場にあるだけで心地よい気分になるようなものを集めており、イベント名にもなっている「HYGGELIG(ヒュッグリ)」はデンマーク語で「居心地のよい場の感触」という意味。

会場では、クラフトビールやバーガー、文具や生活雑貨などクラフト感のあるものが販売されていました。

CoffeeWrightsはコールドブリュートニックのコーヒーをはじめ、コーヒー豆や店頭でも大人気のecoバックなどを販売しておりました。

当日は天気がよく暑さのある1日だったので、ゴクゴク飲めるコールドブリュートニックは大人気でした。

来場いただくお客様だけではなく、出店するスタッフも他の出店者様との交流にもなるので、今回もとても楽しく参加させていただきました!

*Coffee Wrightsのコーヒーは、各店のほかオンラインショップでもお買い上げ頂けます。

JAC roast competition 2019

みなさん、こんにちは!Coffee Wrights ロースターの宗島です。

さる5/14に開催されたJAC roast competition(ジャパン エアロプレス チャンピオンシップ ロースト コンペティション)に参加しました!

JAC roast competitionとは、Japan AeroPress Championship 2019の予選、決勝で使用する競技豆を焙煎するロースターを決める大会です。

受付開始と同時に多数の申し込みがあったという今回のコンペティションですが、最終的な競技参加者は20名。この20名に基本5kgの生豆(今回はグアテマラ ウォッシュド)が届けられ、シングルバッチで焙煎した1kgを事前に提出して本番を待ちます。

各ロースターは全員同じ生豆を焙煎し、ブラインドカッピングにより品質を評価され、上位5名のロースターが、JAC各会場の競技豆の焙煎をすることになります。

このブラインドカッピングのジャッジをする資格は、競技に参加しているロースターと大会運営スタッフの方だけで、見学者はなしでというルールでした。

会場は福岡会場と東京会場で大会は同時進行。福岡会場は移転されてパワーアップされたCoffee County Kurumeさん(行ってみたい!!)。私は東京会場のPassege Coffee Roasteryさん(もうすぐオープン!楽しみ!)に行ってきました。

当日は競技者全員ではありませんでしたが、たくさんの方がジャッジに参加していました。
スコアリングに時間制限があったので、神経を研ぎ澄ませてカッピング、すばやく判断してスコアシートに記入していきました。

カッピング後は運営スタッフさんがスコアを集計している間に、福岡会場とビデオ通話で繋いでだり、ロースター同士で近況など話したりと和やかなムードで結果発表を待ちました。

そして気になる私の結果は… 6位。

惜しくも上位5名に入れず、JAC2019の競技豆を焙煎するチャンスを逃しました。

追記:なんと今回は6位までのロースターが予選大会の競技豆を焙煎することになり、晴れてCoffee Wrightsも大会用の豆を焙煎します!

それでも同業のみなさんと一緒にカッピングし、スコアリングした時間は私にとって忘れがたい経験となりました。

またチャレンジしたいと思います!!

*Coffee Wrightsのコーヒーは、各店のほかオンラインショップでもお買い上げ頂けます。